G210 InviCell ドライインキュベーター

インキュベーター開発の20年にわたる経験を活かし
G210 インビセルドライインキュベーターは、
先進のユーザーコントロール制御下での胚の成長環境の至適化を実現しています。
忙しいクリニックにおいて理想的なインキュベーターです。

・認識し、環境を整え、モニタリングし、胚にとって常に至適化した環境を維持します。

・スマートなデザインと最新のユーザーコントロール機能はG210を効果的、
安全にかつ適正に動作させます。

・コンパクトなサイズ、低いランニングコスト、専用の架台、
G210は忙しいクリニックの理想的なソリューションとなります。

先進のユーザーコントロール機能と胚の成長に至適化した環境の組み合わせ

G210-with-features-Japanese

G210 InviCellとG210InviCell Plusの特徴

省スペース

10個の個別チャンバーによって、
胚のストレスとコンタミネーションリスクを低減、
同時にスペース削減も実現しました。

加温

各種ディッシュにあわせた溝がディッシュとヒート
プレートの隅間をなくし、直接的に熱を伝えます。

正確なガス供給システム

CO2とO2の混合ガス濃度を最適化します。

至適化された環境

先進的で正確なソフトウェアのコントロールにより
pHを含めた胚の環境を完全に安定化し、
ストレスフリーのインキュベーションを可能にします。

大気と同じ湿度

G210は大気と同じ湿度を提供し、
その環境が細菌の発生リスクを最小限に抑えます。
また、手入れも容易です。

安全性

Non-inductive EM Neutra™システムは、
電磁場の発生を防ぎます(特許取得済)。

優れたフィルタリング機能と衛生管理

大気中の浮遊物(粉塵)
を除去するフィルター及び揮発性有機物を取り除く
VOCフィルター内臓

トラッキングと警告(アラート)機能

K-Link™がデータのロギングとイーサネット環境でモニタリングを行います。

先進のユーザーコントロール

セキュリティーシステムを備えた先進的なユーザーインターフェイスです。

経済的

低いガス消費量とガスの再利用により低ランニングコストを実現します。

外部からのモニタリング機能

温度やガス濃度などの主要パラメーターを外部からモニ
タリング可能です。
内部のシステムから独立しています。

認証

CE マーク取得

g210

胚の至適化環境

長期にわたるインキュベーションで胚のストレスを軽減することが重要な因子です。

G210はできるだけ胚にストレスを軽減するいくつかの機能があります。
混合ガス濃度と温度の優れた安定性、合計10個のそれぞれのチャンバーを衛生的に保つためのVOCフィルター、HEPA14フィルターとUVライトを設置しています。

常に至適化された温度環境。G210の先進的なヒーティングシステムは全てのチャンバーの温度を保ちます。

  • 個々の独立したチャンバーは個々に温度センサーがついているので、素早く適切な温度調整が可能です。
  • 独自のNon-inductive EM NeutraTMヒーテックシステムは、胚の周辺の電磁場の発生を打ち消します。
  • 先進的なソフトウエアによる温度管理システムにより、女性の基礎体温を模倣することが可能です。

pHを含む胚の環境は、ガスと温度の調整のバランスによって安定化されます。

  • 専用のガス制御アルゴリズムで正確性と安定性を向上
  • 内蔵されたガスミキサーによって、要求される濃度でガスを供給
  • 大気と同じ湿度は、コンタミネーションや菌の増殖のリスクを低減
  • 一方向性のガスフローシステムは、各チャンバーのガス供給を一定(分割)に。
  • リカバリー時間やガスの消費量を至適化するために、チャンバーのふたが開いた時に、ガスの供給を一時停止。

クリニックのどこからでもトラッキングが可能です。

Ethernet環境を利用したモニタリングソフトウエアK-Linkが付属
クリニックから直接全てのインキュベーターをモニタリングします。Ethernet環境を利用したK-LinkはG210 InviCellの重要なパラメーターを外部からモニタリングできます。
また、1台のパソコンから複数のG210をモニタリング可能です。

K-Linkでモニターできるパラメーター
―チャンバーごとの温度
―CO2濃度、O2濃度
―ガス圧力/消費量
―アラーム/警告
―サービス時期のお知らせ

K-LinkのE-mailアラート
警報が生じた場合は、K-Linkは自動的に指定されたアドレスに e-mailを送るように設定することができます。

Excelへのエクスポート
全てのデータは、解析するために自動的にEXCELへエクスポートされます。

先進のユーザーコントロール

7インチのタッチスクリーンで全てのパラメーターの確認と調整ができます。
ディスプレイ上で個々のチャンバーの概要と重要なパラメーターを確認できます。

おのおのの患者データを直接スクリーン上に表示可能です。
マーカーやペンで機器に記録を書く必要はありません。
マルチレベルのパスワード設定でデータへの不正アクセスから守ります。
時間外でも重要パラメーターをグラフで表示します。
ディスプレイと音で異常を知らせ、インキュベーターの変化に素早く反応します。
異常を知らせるアラームは簡単に病院やクリニックのモニタリングシステムに転送することが可能です。

G210インビセルプラスー安全性をさらに強化

G210インビセルプラスは、独立した外部からのモニタリングができるように設計されています。

継続したpH測定

G210インビセルプラスでは、pHは継続的に測定することが可能です。
基準となるチャンバーのpHを測定することで、全てのチャン バーのpHがわかります。

G210インビセルプラスは、次のような特徴のある
MTGのpHオンラインシステムが利用できるように設計されています。

pHオンラインシステムとG210インビセルプラスを接続し、
専用のディッシュ上に培養液を添加することで、
pHは継続的にモニターできるようになります。

赤外線モニタリングは、最少感度が0.01 pH5.5~9.0の間で
+- 0.03の測定精度があります。

incubator-diagram-ja

独立した温度のモニタリング

G210インビセルプラスはG210の各チャンバーの温度を個々にモニタリングします。

温度センサーのモニターは、コントロールセンサーまたはインキュベーターからは
独立しています。

そのシステムは10個の独立した温度センサーが基本となっています。

センサーインターフェイスボードは、
G210のコントロールシステムとは接続されていません。
また、独立した電源系統から給電されます。

独立した外部ガスモニタリング

本当に独立したモニタリングを実施するために、
チャンバーにガスが注入される前にガス量を正確に計測しておくことが重要です。
G210インビセルプラスのガス供給システムは、これができるように設計されています。
外部センサーは、チャンバーのちょうど前のライン上に設計されています。

センサーはG210から独立して計測します。

センサーは、独立した電源系統から給電されます。

GasMixerChamber

incubator

専用の架台を用意しており、
スペースを節約可能です。