ERPeak子宮内膜胚受容期検査

的確な胚移植

CooperGenomicsが開発を行ったプラットフォーム¹を使用した、
この新しいERPeakSM子宮内膜胚受容期検査により、
女性の子宮内膜の着床能の状態について正確で信頼性のある評価を行うことができます。

詳細情報はこちらにお問い合わせください

なぜ子宮内膜胚受容期を調べるのか?

子宮内膜が胚の着床を受け入れられる状態(すなわち受容期)
にある短い期間のことを、着床の窓(WOI)といいます。

通常、生殖補助医療の治療周期ではプロゲステロン投与から5日後です。

しかし、約30%の女性では、このWOIがプロゲステロン開始から5日
後よりも前または後ろにずれていることがわかっています2

検査の原理

CooperGenomics の ERPeakSM 検査では、関連するホルモン応答遺伝子の発現量を調べることで、患者のWOIの時期を特定できます。
これにより、医師は胚移植に最適な時期を知ることができ、妊娠成立の可能性が高まります。
反復着床不全(RIF)の患者に子宮内膜着床能検査を行った場合の妊娠率は51.7%~63.2%と報告されています。3,4

4つの簡単なステップ

ERPeak子宮内膜着床能検査の詳細な報告書をダウンロード

ダウンロード

結果判定が簡単

ERPeakSM 検査の結果は、非受容期、受容期前、受容期、受容期後、結果なしのいずれかで報告されます。
検査結果が受容期前または受容期後の場合、CooperGenomicsは推奨される移植時期もお知らせします。

ERPeakSM 検査の選択肢

ERPeakSM 検査のみ

子宮内膜着床能の状態
推奨される移植時期*

ERPeakSM 検査+PGT

子宮内膜着床能の状態
推奨される移植時期*
正倍数体胚の選別

*検査結果が受容期前または受容期後の場合のみ

  1. CooperGenomics, internal data on file
  2. Katzorke N, et al. Geburtshilfe Frauenheilkd. 2016; 76: 699–703
  3. Ruiz-Alonso M, et al. Fertil Steril. 2013;100:818–824
  4. Tan J et al., J Assist Reprod Genet 2018